ニキビ化粧水でニキビ予防しよう

ニキビ化粧水で簡単ニキビケア!

ニキビ化粧水でニキビ予防しよう

きちんと化粧を落としているしきちんとスキンケアも普段から気を使っているのにニキビがなかなか治まらないなんて人もいると思います。実はそれ、間違ったスキンケアなのかもしれません。ニキビ跡化粧水の選び方を間違えると、元も子もありません。

今までしてきたスキンケアだからこだわりがあって 変えたくない人もいるかもしれませんが、 スキンケア法を見直すのもニキビを改善・予防する第一歩です。 まず、化粧を落とすときにオイルクレンジングを あまり使わないようにしましょう。

オイルクレンジングは化粧をしっかり落としてくれますが、 必要な分の皮脂まで落としてしまい乾燥しやすくなります。 かくれ乾燥肌というものになり、ニキビが常に出来てしまいます。 ですので、必要な皮脂まで落とさない優しい クリームタイプのクレンジングで化粧を落とすようにしましょう。

今は洗顔だけでも落とせるものもありますので そちらに変更するのもおすすめです。 そして洗顔料そのものも見直す必要があります。 石鹸の場合は洗浄力が優れているので、肌の汚れを しっかり落としてくれますが、長期的に使用していると 肌が乾燥しやすくなってしまいニキビが減りません。

また、肌と同じ弱酸性の洗顔料ですが、 とっても肌にやさしいぶん汚れが落としきれないことや、 余計に保湿してしまうことがあります。 そこでおすすめなのが微アルカリ性の洗顔料です。

肌の汚れはしっかり落とせますし、その上肌にも優しいので ニキビを減らし、さらに出来にくい肌を作ります。 あとは化粧水や乳液についてですが、 化粧水は肌にさっと塗るだけでは少なすぎます。

少ないと乾燥しやすくなりニキビができやすくなるので、 しっかり保水してくれる化粧水やローションを たっぷりつかって保湿していきましょう。 また、乳液や保湿は必要最低限にしましょう。

乳液や保湿成分の多いものはニキビにとっては栄養分ですので、 油分の少ないべたつかないクリームなどで保湿しておきましょう。 どれかひとつは当てはまる人は結構いると思います。 しっかりニキビを予防、改善するには スキンケアで使うものや方法から見直していきましょう。

頭に出来るニキビについて

ニキビ、ときいて、まず思いつくのはお顔のニキビです。 しかし、私たちの体は一枚の皮に覆われているわけですので、全身のどこにでもニキビ発生の可能性はあるでしょう。

お顔のニキビに悩む方は大勢いらっしゃいますが、同じくらい、 お顔以外の箇所にできてしまったニキビに悩まされる方も存在しているのです。 お顔以外にできるニキビ、ここでは、頭に出来てしまうニキビについて説明します。

お風呂で頭を洗っている時、指が突起物に触れてしまい「イタイ!!」と感じたことはありませんか? 普段目に見えない場所であるだけに、頭にできるニキビは気がつくと大きく悪化していることが多々あるようです。

また、触れると痛みを伴うことも少なくはありませんので、多くの方が解決を望んでいるはずですね。 なぜ頭にニキビができてしまうのでしょうか?

頭には髪の毛が生えています。汗をかいたり、皮脂が分泌されたりすれば、毛穴に汚れとして残りやすい環境であるようです。 また、シャンプーやリンス、トリートメント、そして整髪剤などの流し忘れも頭のニキビの原因となります。

皮脂や汗、シャンプー、リンス、トリートメント、整髪剤・・・。 様々な汚れが、毎日蓄積されていったとすれば、ニキビの発生には十分すぎるほどの環境となってしまうでしょう。

体のどこにできたニキビに対しても言えることですが、ニキビケアの基本は清潔な状態を保つ事です。

頭のニキビの悪化や発生を食い止めるためにも、まずは毎日の洗髪時にしっかりと洗うことが重要となってきます。 そして、すすぎ忘れのないようにしっかりと流してください。

また、一度頭のニキビに気づいてしまうと、ついつい手で触れてしまう方が多い様です。 できてしまったニキビが気になる気持ちはわかりますが、ニキビを改善させたいと考えているのであれば、 ニキビへの刺激は最小限に抑える事がポイントです。

清潔に保つ、気になっても触らない。基本的なニキビケアの方法になってしまいますが、 これこそが頭のニキビ解決への近道だといえるでしょう。

鼻に出来るニキビについて

お顔の中でも、「Tゾーン」と呼ばれる場所はとくに皮脂の分泌が盛んです。 Tゾーンとは、おでこの部分と鼻筋とを指すT字の箇所を指す美容用語ですよね。

Tゾーンのテカりに悩まされてる方も多いのではないでしょうか? 皮脂が毛穴に詰まることでニキビが発生してしまうわけですので、 イメージ的にはこのTゾーンこそお顔の中でも最もニキビリスクの高い箇所なのではないか?

という印象があるのではないでしょうか。実際におでこのニキビはよく見かけます。

ところが、鼻のニキビについてはどうでしょうか。

確かに全くできないというわけではありません。時々鼻にニキビができてしまった方を見かけることもあるでしょう。

とはいえ、おでこや頬、またアゴや口元に比べて、なんだか少ないような気がしませんか? 意外に思われるでしょうが、じつはお顔の中でも鼻はニキビのできにくい箇所であると言われているのです。

皮脂分泌が盛んであるにもかかわらず、なぜ鼻はニキビができにくいのでしょう?

それは毛穴の大きさにカギがあるのです。鼻の毛穴は、その他の箇所に比べ毛穴が大きいと言われています。 確かに鼻には、ニキビの原因となってしまう皮脂はたくさんあるのですが、毛穴は大きくつまりずらい環境です。

毛穴がつまらなければニキビは発生しませんね。このような理由から、 鼻はニキビリスクの低い場所であると言われているのです。

とはいえ、時には鼻にニキビができてしまうことがあるでしょう。 主な原因としては、洗顔フォームの流し忘れや外界からの過度な刺激によって 毛穴の詰まりが引き起こされていることにあるようです。

外界からの刺激、というのは、単純にお肌に触れてしまっていることが考えられます。 鼻を触る癖がある方、また鼻炎などでティッシュによる刺激をよく受けている方は、 鼻にニキビができてしまいやすいようですね。

解決策としては、ニキビケアではお肌への刺激が大敵ですので、まず第一に触りすぎないことです。 そして、洗顔や保湿などの基本的なスキンケアでいつも清潔に保つよう心がけてください。